blog

[愛知 アンティークな家] S様宅 新築への軌跡⑤基礎工事前の準備

こんにちは 香瑛住研の野口です

 

もう秋ですね〜

今年は、夏が短かったなぁ

外仕事の多い僕にとっては

茹だるような暑さの中で作業することも少なくて体力的には助かりましたが、雨が多かったのが残念。

 

先日、S様との本契約も無事締結させていただきました。

今日は

基礎工事に入るための事前準備について綴ります。

 

工事の前に

地盤調査を専門機関に依頼して実施します。

 

この調査は非常に重要で、いくら家が強くても地盤が軟弱だと全てが台無しになってしまうから

そうならないように

この土地が、建物の重さに耐えられるか

地盤改良が必要かどうかを調べてもらうんです。

細かいデータを採ってレポートで報告いただきます。

 

 

それから、整地作業に入ります。

 

薪ストーブ用の

ストックの薪移動作業は、S様と義父様と僕の3人で

自分達で出来ることは、自分達で作業をして

みんなでやれば作業も早いです。

 

自分達での作業は大変ではあるけど、家に対する想いが増して思い出にもなって良いんですよ!

出来そうで出来ない事なんでね。

 

自分達では出来ない

みかんと、夏みかんの木の伐採、伐根作業は造園屋さんにお願いしました。

 

そしたら、スズメバチの巣を発見😱

お隣りの方が教えてくださいました。

今回に限らず、色々確認して作業に入ってるんですが、ご近所の方々に教えていただくこともあって、有り難いです。助かります。

 

この木は、奥様のお祖父様が育てられた木だそうです。

それも、ハチ情報とは別のお隣りの方が教えてくれました☺️

ご実家とS様邸の薪ストーブでそのまま使えるサイズにカットして

燃やすと、みかんの香りがするんだそうですよ🍊

きっと、その香りでお祖父様との思い出を思い出すんでしょうね✨

なんか、想像するとほっこりします🥰

 

次は、

整地です。

伐根で柔らかくなった土を

ショベルカーで表面を均してから、トラックで踏み固めます。

 

小型のショベルカーでは、軽くて固くならないから重いトラックで行ったり来たりして土を固めるんです。

 

トラックで踏み固める前

 

この土地のどこにどんな家が建つのか

S様ご家族だけじゃなく、お隣りのみなさまも想像しながら、笑顔で作業を見守りいただいています☺️

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

次回は、基礎工事について綴ります。

 

SERVICE