blog

ずっとそこに居たくなるような場所、ソファ

こんにちは 香瑛住研の野口です

 

今日の “こだわりのIPPIN” は、前回の続きで

このソファです。

 

 

僕は、モデルハウスに居る時の大半をこのソファで過ごします。

仕事をしたり、YouTubeを観て寛いだり、たまにうたた寝してしまうことも(^^;)

 

 

このソファは

群馬県高崎市に本社のある国内家具メーカーの

モノ。

このソファに決めるまでに、地元のいろんな家具屋さんを廻って沢山のソファに座りました。

どれだけ座ったか分からないくらいです。

 

僕が新品のソファを購入する時には5つの

ポイントがあります。

 

まずは、デザイン

・モダンだけど、アンティークな空間に合う

もの。

 あえて、クラシックなデザインじゃなくシンプルでモダン

2つ目は、座り心地

・適度な硬さ、座った時の丁度いいサイズ

3つ目は、革の素材

・革の色・質感、長年使い込んだ時『味』が

出る革

4つ目は、耐久性

・使用してあるウレタンの質、重さ

 重いソファは構造がしっかりしていて長持ち

するものが多い

最後に、価格

・海外や日本の有名ブランドのソファは良いけど高価。

このこだわりを満たすものを探すのは大変でした。

 

最後まで迷ったのは

IKEAのSTOCKHOLM ストックホルム

価格は 249,990円

 

IKEAは安売りのイメージがありますが、お値打ちで良い物が沢山あります!

このソファも非常に良くて最後まで悩みました。

 

最終的に購入したソファはIKEAのものより高価でしたが、絶妙な座り心地と革の色目が決めてとなりました。

 

良いものは、革が持っている脂が滲み出てきて、使う人の脂などで磨かれ艶が出る。

なんとも言えない手触りに変化していき、自分好みに育てられるのがいいんです。

 

 

大人の男性一人では動かせないくらい重く高剛な造りでずっと座っていても、数人で座っていても軋むことはありません。

メンテナンスをすれば何代にも受け継いでいけるソファです。

 

こだわり選んで、とても良いものを手に入れることが出来ました。

 

家の中に、自分の定位置があると落ち着きますよね。

ずっとそこに居たくなるような場所、ソファ

そんなソファをオリジナルで作りたくて奮闘したこともありました。

 

今度、その話しも書きたいと思います。

 

 

 

SERVICE